審査を通りやすくする方法

そもそもクレジットカード会社がクレジットカードを持ってほしい人とはどんな人なのでしょう。
誰もが知っているような会社員をしている人?
お金持ちの人?
共通するのはしっかり返済してくれそうな人に使ってほしいはずです。

逆にホームレスや無職の人には、どうやって支払ってくれるのか不安になるでしょう。
実際、そのような方にお金を貸せるかという話です。
審査が通りにくい人には自分の状況を理解する必要があります。

クレジットカードごとの審査の厳しさ
銀行が発行しているクレジットカードは審査が厳しめです。
その半面、消費者金融などは審査が緩めです。
スーパーやコンビニなどのカード、楽天やYahoo!などのインターネット会社なども利用者を増やすことに積極的ですので比較的緩めになってます。
一般カードよりもゴールドカードの方が厳しく、それ以上のプレミアムカードやブラックカードはかなり厳しいです。

勤務情報
もちろんですが、中小企業よりも大企業、株式上場企業の方が通りやすくなります。
アルバイトやパートよりも会社員や役員の方が通りやすいです。
年収が多ければそれだけ良いですし、勤続年数も長くなればなるほど通りやすくなります。
有名企業で働かなくても長く働くことで信用力が上がります。

居住形態・借入状況
賃貸よりも持ち家の方が審査が通りやすい印象です。
しかし、ローンの有無で話が変わっていきます。
持ち家ローンなしが通りやすいです。
居住年数も長い方が通りやすくなります。
借入も少なければ少ないほど良いです。ただし奨学金は含まれません。
固定電話がある方が微々たるものとは思いますが有利です。

信用情報
クレジットヒストリーというものがあります。クレジットカードを使用すればその履歴が記録されます。
クレジットカード会社からすると返済してくれる人を好みます。
遅延をしないことを心がけましょう。
また、高齢の方で全くクレジットカードを作ったこともない人も問題と言われています。
少額でもよいので毎月使用している人はクレジットカード会社からすると優良に見えます。

まずは、自分がお金を貸しても大丈夫そうだと思えるように過ごしていれば審査に通るはずです。

メタ情報
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。